ドッグフードは特徴を添えてご案内      お散歩や運動管からドッグフードを考えるポータルサイト     あなたと一緒に愛犬を守りたい       オリジナル「しつけ」メソッドも公開中

円安による輸入ドッグフードの値上げから愛犬を守る方法【保存方法の活用思考】

2022年春 為替にとんでもない円安が始まった!

 

Mishy
ドッグフードの値上げラッシュ!

私の個人的な考えになりますが、今回の為替における円安はそう簡単には改善されないでしょう。

むしろ悪化する可能性が高いと思っています。

 

2022年7月1日からドッグフードの販売価格を改訂している輸入ドッグフードは多数に上っています。

愛犬のためにと少し無理をしてドッグフードの銘柄を選んでいた飼い主にとっては厳しい情報になります。

ドッグフードの質を落とさずにお財布への負担を軽減する方法として改めて推奨しているドッグフードの保存(保管)方法を活用して役立つ情報したいと思います。

 

今後継続する、もしくは更なるドッグフードの値上げへの対処を講じるべきだと考えます!

基本的にはドッグフードの銘柄に関わらず大袋を購入して上手に小分けします。

 

それにより年間ドッグフード購入価格トータルのドッグフードにかかるコストを低下させます。

目指す結果は、愛犬家のお財布を守ることによる「ドッグフードの質を落とさず愛犬の健康を守ることの継続」を可能にすることです。

 

しかし、単純にジプロックなどの保存袋に小分けするとドッグフードの「酸化」が進み、その結果愛犬の健康を害する原因になることもあります。

本来は2週間〜1ヶ月で食べ切れるドッグフードが入った内容量の袋サイズを購入することが一番良いと各メーカーは推奨しています

 

理想を実行できる資金力がある愛犬家ばかりではありません。

愛犬家が、できることをできる範囲で工夫して理想である「愛犬の健康(=幸せ)」に近づける一助になれば幸いです。

 

愛犬の病気のケアに役立つ療法食ドッグフードも値上げ!?

2022年7月1日現在、まだ療法食ドッグフードに対する値上げが確定した情報はありません。

しかし、そう遠くなく値上げされるでしょう。

療法食ドッグフード自体が、当初から一般ドッグフードよりも割高です。

今後の値上げでは、飼い主の負担はさらに大きくなってくることでしょう。

 

療法食ドッグフードを食べているという愛犬の飼い主は、ドッグフード以前に動物病院への医療費など支出があります。

療法食の値上げは毎月の支出に直結するので苦しい情報です。

 

私も愛犬の1頭に肝臓サポートを与えているので切実です。

 

今回はドッグフードの値上げにより特に経済的な負担が大きくなる療法食を例に進めることにします。

ただし、ドッグフードの銘柄に関係なく、その手法は通用すると思っています。

 

今回の手法・情報をご活用いただければ幸いです。

 

ドッグフードは真空パックにして保存!

私のおすすめのドッグフードの保存方法は、小分けした袋から酸素を抜くことができる「真空パック保存」です。

真空パック器を利用した「ドッグフードの保存方法」動画は記事内に設定されています。

 

簡潔に記すと1〜2万円の「真空パック器」を活用して購入した大袋のドッグフードを品質を低下させないように小袋に小分けして年間のドッグフード購入費用を低下させよう!というものです。

関連記事

ドッグフードの敵は? ドッグフードを開封して一番心配するべきなことはなんでしょう? それは「ドッグフードの酸化」です。 開封以前のドッグフードは、密閉時に「窒素剤」などを混入されていて、ドッグフードの動物性タンパク質などの油脂[…]

ドッグフードの理想的な保存方法を伝える写真

 

ドッグフードを大袋から小分け(小袋)へ 《こんなにお得!!》

写真は、右から3kg袋、8kg袋、小分けした袋

普段の私は、3kgのロイヤルカナン肝臓サポートを購入しています。

今回は、ロイヤルカナン肝臓サポートの8kg袋を購入し、小分けによる正しい保存で経済的な負担を減らします。

その理由は、ご存知の通り梱包されている内容量が3kgや1,5kg、そして800gと少なくなるほど単価は高くなります。

ROYALCANINEの肝臓サポートの場合

内容量 税込販売価格(2022年6月現在) 100gあたりの価格
3kg ¥5,141- ¥171
8kg ¥9,891- ¥123

 

な、なんと!

肝臓サポートも大袋8kgで購入すると3kg袋に比べて100gで50円、3割近くも割安になります。

ドッグフードの費用が4分の1も切り詰められるのです。

三島毅のアバター上半身
私、三島の例でお話しします。

毎月3kg袋を購入していました。

今回は8kgなので量としては3ヶ月弱を賄えます。

8kgの内容量の袋で購入すると100gあたり3kgの内容量と比べると50円安くなるので・・・

50✖️80=¥4,000 お得になります。

1年間では¥4,000✖️4=¥16,000 年間ドッグフード購入費用がお得になります。

 

使用した真空パック器を私は12,980円で購入したので1年で元が取れます。

真空パック器は、色々な食べ物にも利用できるから生活水準を良くすることができました。

手作りササミジャーキーの保存にも使っています。

 

また、時にドッグフードの品質低下を防ぐためには「乾燥剤」を入れることを推奨している情報をネット上でも散見します。
しかし、ドッグフードにも水分は必要であり、水分含有量もドッグフードの品質の一部です。
乾燥していれば良いというのは間違った「ドッグフードの品質管理」だと個人的には考えています。

並行輸入物は避けましょう!

現在でも市場には並行輸入物が出回っているようです。

並行輸入ものとは、海外で発売することを前提にパッケージングされているドッグフードを言います。

しかし、購入することをおすすめはできません。

理由は、日本の環境です。

特に夏場は高温多湿であり、ドッグフードの品質を極めて低下させる条件が揃っています。

最新情報をチェックしよう!
愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ" width="842" height="595" >

愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ

別れた時の涙より「今」共に過ごすための努力のひと汗を流しましょう。 共に暮らす中には忙しくて先送りしたい愛犬のおねだりもあるでしょう。
ほんの少し歩み寄ることはあなたと愛犬とのつながりを一層強くし、思い出を色濃くするのではないでしょうか。
私は今一緒にいる愛犬たちと過ごす時間を人生の最優先に選びました。
ドッグライフ withキャンピングカー これからお楽しみに!! 
寒くてまだ旅してません。 今しばらくお待ちください。

CTR IMG