ドッグフードは特徴を添えてご案内      お散歩や運動管からドッグフードを考えるポータルサイト     あなたと一緒に愛犬を守りたい       オリジナル「しつけ」メソッドも公開中

【危険性は?】ミシュワン・ドッグフード6の効果と3の長所を徹底解説!

追加サプリメントが一切必要ないと思わせる「満たされドッグフード」それがミシュワンです。

多くの栄養であり、追加栄養も全てがほぼ自然の食材から配合されています。

ミシュワン・ドッグフードを愛犬にどうだろう?と検討している方の参考になるようまとめました。

 

 

ミシュワン・ドッグフード【公式】サイトはこちら

 

 

 

ミシュワン・ドッグフード 6の効果を徹底解説!

 

1、豊富な動物性タンパク質

 

動物性タンパク質の源は、

 

 

  • ターキー
  • チキン
  • サーモン

 

の3種類にお及び、なんとその含有量は全体の60%を超えています!

 

これにより、成長期の栄養不足は考えられません。

 

また、激しい運動をする犬種や老犬への「筋肉の修復」にも豊富なタンパク質は効果が期待されます。

 

2、安心のグレインフリー(穀物不使用)

 

一般的にドッグフードに含まれる「穀物」になります。

 

小麦 トウモロコシ
小麦イラスト トウモロコシイラスト 稲穂イラスト

 

もちろん穀物にも体に良い作用をする材料となるものもあります。

しかし、数百万頭も日本国内には愛犬たちがいます。

なかには、穀物を上手に消化できずに消化吸収の負担になってしまっている愛犬おいるのは事実です。

 

また、植物にの「植物性タンパク質」があるように、愛犬のアレルギーの原因物質「アレルゲン」として配合されている穀物が病の原因になってしまうこともあります。

 

そのような2つの理由を鑑みて、近年ではドッグフードの中に「グレインフリー」として穀物不使用を選択する銘柄も増えています。

 

ミシュワン・ドッグフードもその一つです。

 

穀物を一斎使用せず、多面的に見て「愛犬の安全と健康」その中でも特に「愛犬の消化への負担」を軽減する効果がグレインフリーにより期待されています。

 

3、ヒューマングレード(人が食べる基準の食材使用)

 

良質なターキーやチキン、サーモンを使用することで愛犬がより消化しやすい状態にあるようにしています。

 

 

また、新鮮なので食材の持つビタミンやミネラルも損なわずに取り込むこと効果を目指しています。

 

 

ミシュワン・ドッグフード【公式】サイトはこちら

 

 

 

4、オメガ3ーサプリメント配合

 

 

愛犬の毛並みの保護・改善に効果が期待されるオメガ3脂肪酸を配合しています。

愛犬の体内では生成されない脂肪酸であることからオメガ3脂肪酸が配合されているかいないのかは大きな違いとなって効果が現れるでしょう。

 

5、愛犬の消化への負担解消

 

グレインフリーとして穀物を使用していないミシュワン・ドッグフードはとても消化に優しいドッグフードです。

 

サツマイモ

 

さらに、サツマイモを採用することで

 

  • 食物繊維
  • ビタビンB

 

の効果から愛犬の腸活のサポートが期待されます。

 

6、天然成分の保存料

 

天然由来のローズマリー抽出物をミシュワン・ドッグフードの保存料として使用しています。

 

他にも、人工着色料・人口保存料は使用していません

 

自然な食材成分による対策で、一層の愛犬の健康維持効果を目指しています。

 

 

ミシュワン・ドッグフード【公式】サイトはこちら

 

 

 

ミシュワン・ドッグフード 3の長所を徹底解説!

 

1、サプリ要らずの健康サポート

 

関節サポートの効果を期待してミシュワン・ドッグフードには「グルコサミン」「コンドロイチン」「メチルスルフェニルメタン」が配合されています。

 

その他にも添加、食材からの効果も含めて

 

  • オメガ3脂肪酸
  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • 鉄分
  • カルシウム
  • アスタキサンチン
  • 食物繊維

 

と本当に多くの栄養補助食品を追加摂取するのと同じ効果が、ミシュワン・ドッグフードを食べることで愛犬は一度に体に取り入れることができます。

 

2、豊富な動物性タンパク質の種類

 

複数のタンパク源を採取する効果として

 

鶏肉:高タンパク質、ビタミンA

ターキー:高タンパク、鉄分、カルシウム

サーモン:タンパク質、抗酸化作用の効果が期待されるアスタキサンチン

 

がありあす。

 

また、複数のタンパク源にすることで単体の動物性タンパク質で製造するドッグフードよりも、ミシュワン・ドッグフードは複数のアミノ酸を愛犬に摂取させる効果が期待されます。

 

3、老犬やトイ・プードルなどにおすすめ

 

老犬もトイ・プードルも必要な栄養は

 

  • 関節にサポート的な効果が期待できる食事
  • 限られた食事量でも健康の維持に十分な栄養を摂取できる栄養価と質
  • 目の衰えや先天的な疾病には、その悪化を遅らせるためのビタミンEやB、豊富なタンパク質が必須

 

ミシュワン・ドッグフードには、上記の全てと言っても言い過ぎではないくらい豊かな栄養を含んでいます。

 

 

ミシュワン・ドッグフード【公式】サイトはこちら

 

 

 

【危険性は?】ミシュワン・ドッグフード6の効果と3の長所を徹底解説! まとめ

 

ミシュワン・ドッグフードのメリット

 

高い安全性

 

愛犬への「負担の徹底的な排除」を目的に製造されているミシュワン・ドッグフードです。

 

その結果の「オールエイジ(全年齢対応型)」に仕上がっています。

 

負担がかかる食材を一切使用していないなら、どの年齢のワンちゃんも食べられるはず。

 

その答えということです。

 

 
Mishy

安全だから・・・の全年齢型ドッグフードとは初めてかもです。

 
 
たくさんのドッグフードを調べ、たくさんの「オールエイジ(全年齢対応型)」と呼ばれるドッグフードを見てきましたが、とても稀な答えの導き出しだと感じました。一般的には、どの年齢にも必要な栄養があるから全年齢型ですというものがほとんどでした。
 

多くの栄養サポート素材の配合

 

オメガ3脂肪酸やグルコサミンは当然として、一般的にはドッグフードとは別に「サプリメント」として購入して、愛犬へ追加投与するようなビタミンンなどの健康補助栄養素がとてもたくさん配合されていることに驚かされます。
 
追加で何かを与えることは、ほぼほぼないと言っても言い過ぎではないかと思われます。
 
 

ミシュワン・ドッグフードのデメリット

 

販売価格

 

 

ミシュワン・ドッグフードは、

2kg /袋:定価¥5,478

 

定期購入による20%OFFがあっても

2kg /袋:定価¥4,378

*最大割引率30% 3袋以上で送料無料

 

価値を考えると仕方ないのでしょうが、1kgが¥2,500以上とは誰にでもおすすめできるドッグフードとは言えないことが残念です。

 

アレルギー反応

 

豊富なタンパク質ということは、それだけアレルギー反応を起こすかお知れない愛犬お増えることになります。

 

3種類のタンパク源がチキン、ターキー、サーモンとわかっていますので事前にかかりつけ獣医師に確認するなどは怠らないようにしましょう。

 

 

また、フードの切り替えの意味もあるのですが、一旦少量から始めることでもしも愛犬にアレルギー反応が生じても摂取量が少ないので軽症で済む可能性が高まります。お試し下さい。

 

イギリスってまだすごい?

 

「デメリット」と書くと「欠如」や「悪材料」と受け取られますが、そういう点はないでしょう。

 

ホームページを拝見すると少々同業他社を、その製品を誹謗中傷し過ぎていると感じます。

 

恐怖を煽って自社の正当性を主張するのは、良い製品を作られているので残念として受け止めています。

 

その中の過信を否定することになりますが、一点コメントします。

 

私が気になる点は「ペット先進国 イギリス」という概念とそこを基準にしている価値観です。

 

ペットやガーデニングなどの「趣味」の分野は、資本が大きな国でなければ発展しません。

1980年くらいまではイギリスも1960年頃までの「大英帝国」の名で虚勢をはれましたが、長期間の経済の衰退で2000年頃にはどこにでもある国の一つです。

 

犬の保護団体として最大のはずのKC(イギリス畜犬連盟)も1990年代後半にはJKC(ジャパン・ケネルクラブ)が世界最大の血統書発行団体にとって変わっています。

 

犬のしつけ方法についても、1980年代にアメリカで発案された行動心理学を応用したしつけ方法があったのですが、イギリスや関連諸国のオーストラリアやニュージーランドに浸透するのは2000年代に入ってからでした。

 

イギリスにおける犬のしつけ方は、長期間にわたって「強制」が中心だったのではないでしょうか。

その理由としては、嬉々とした表現をする家庭犬をイギリスのしつけビデオで見た記憶がありません。

ヨーロッパの他国と違って、一般人が「襲撃訓練」という犯人への攻撃訓練を「危険」として禁止していたイギリスでした。

色々な点で訓練方法においても流動性が低かったことを記します。

 

 

私は、1995年頃にイギリスのドッグ・トレーナーとブリーダーが日本へ滞在するというので3日ほどを共に過ごしました。

彼女たちは口を揃えて「家庭犬をこれほど衛生的に、お金もかけて、大切に迎えている姿はイギリスでは考えられないレベルだ。」と話していました。

 

特徴として、愛犬に噛まれる事故が起きた時にお国柄が出ていました。

 

イギリスでは、愛犬に噛まれたなどを周辺に知られると「あの家は犬もまともに躾けられないのか。」と蔑まれてみられるそうです。

そこで、絶対に周囲には口蓋せず、夏に長袖のセーターを着てでも傷を隠してご近所さんには「ちょっと愛犬とドライブなの。」と笑顔を振りまきながら・・・急いで遠くのドッグ・スクールの門を叩くのだと先の訪日した専門家が話してくれました。

 

日本は、愛犬に噛まれると「大変なの!」と直ぐに助けを周辺に求めますね。

お国柄の違いから、事故や問題が実数とは違う数字で情報として広まっている可能性を強く感じています。

 

フランスは、公園がお散歩する犬たちの排泄物公害で20年くらい酷い有様ですし・・・。

 

日本は、衣食住の全てにおいて、世界最高水準だと感じています。

 

日本クオリティーを「合格」ラインと捉え発展させていただけることをペット関連企業にはお願いしたいと思います。

 

また、愛犬家には、「本当にすごい努力と気配りをあなたは日々愛犬におこなっているんです。自信を持って下さい!」と伝えて差し上げたいです。

 

 

ミシュワン・ドッグフード【公式】サイトはこちら

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ" width="842" height="595" >

愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ

別れた時の涙より「今」共に過ごすための努力のひと汗を流しましょう。 共に暮らす中には忙しくて先送りしたい愛犬のおねだりもあるでしょう。
ほんの少し歩み寄ることはあなたと愛犬とのつながりを一層強くし、思い出を色濃くするのではないでしょうか。
私は今一緒にいる愛犬たちと過ごす時間を人生の最優先に選びました。
ドッグライフ withキャンピングカー これからお楽しみに!! 
寒くてまだ旅してません。 今しばらくお待ちください。

CTR IMG