ドッグフードは特徴を添えてご案内      お散歩や運動管からドッグフードを考えるポータルサイト     あなたと一緒に愛犬を守りたい       オリジナル「しつけ」メソッドも公開中

<健康・毛並み・関節>のケアを実現したドッグフード【ミシュワン】をご紹介

「もう少し愛犬の毛艶は良くならないかなぁ?」

「膝が弱い犬種と言われたけど、日頃ケアする方法はないのかなぁ?」

そんなあなたの心配事を軽減してくれるかもしれない情報としてご紹介します。

 

そのドッグフードは「ミシュワン 」です。

 

3種類のお肉をバランスよく配合し、尚且つ全体の60%を超える圧倒的な量を含んでいます。

健全な関節作りに役立つ3つの異なった補助栄養成分を含有しています。

毛艶のためにオメガ3必須脂肪酸も含んでいるのです。

 

日々の愛犬との暮らしの中で問題は感じていないけれど、もっと何かできないだろうかと考えている飼い主におすすめのドッグフードになると思います。

 

最高級品質ドッグフード【ミシュワン】を支える三本の矢

安心の高品質・・・そして「グレインフリー」

グレインフリー、つまり穀物を含まないドッグフードです。

穀物を犬が食べることには賛否両論あるのでここではどちらが正解とも私は書きません。

ただ、グレインフリー(穀物不使用)を食べさせたところ愛犬の便が良くなり下痢をしなくなった、という話も聞きます。

トウモロコシ 小麦
不使用食材 トウモロコシイラスト 小麦イラスト 小麦イラスト

原因としては、穀物アレルギーを愛犬が持っていたとか、穀物に対する消化能力が低い愛犬だったなどが考えられます。

その辺りのことって、アレルギー検査で調べてもハッキリしなかったり、時間お経過で反応するアレルゲンが変わります。

グレインフリー(穀物不使用)の「ミシュワン 」のようなドッグフードを与えてみて、様子から判断するのが確実な方法でしょう。

アレルギー物質を含むドッグフードからアレルギー物質の少ないドッグフードへの切り替えなので愛犬が体調を崩すリスクは少ないことからここで書いています。

しかしながら、穀物もワンちゃんに不使用とは言い切れないところがあります。

2週間から1ヶ月程度経過したところで血液検査をするのは良い経過判断だと思います。

 

関連記事

最近の市販のドッグフード市場において、特にプレミアム・ドッグフード市場では「グレインフリー(穀物不使用)」が普及しています。 通販で人気のモグワンやカルガンなどのシリーズでは当然のようにグレインフリーですね。  […]

グレインフリードッグフードの善悪

 

使用する食材は、全てヒューマングレード(人が食べることができる最高品質)で構成されています。

 

厳選した成分・・・動物性タンパク質60%以上

ターキー チキン サーモン
厳選された食材 七面鳥 放し飼いチキン サーモン
素材の効能 高タンパク低脂肪で肉類の中ではりんの含有量が少なく、鉄分やカルシウムは豊富に含まれています。 高タンパク低脂肪でアミノ酸をバランスよく含むタンパク源です。他の肉類に比べて消化吸収率が高くビタミンAが豊富に含まれています。 低アレルゲンのタンパク質です。抗酸化作用のあるアスタキサンチンが多く含まれています。

*配合バランスとしては、タンパク質の割合は60%を超えています。

オールステージ、つまり全年齢型ドッグフードとなっていますが、タンパク質の含有量が60%を超えている点は、老犬や高齢犬と呼ばれる「シニアドッグ」にも適している可能性はとても高くなります。

健康をサポート<関節ケア><毛艶>・・・3つの間接ケアサプリ/必須脂肪酸オメガ3

関節ケア

関節ケアパック
グルコサミン コンドロイチン メチルスルフォニルメタン

関節の動きを、しっかりあなたが無理なく愛犬のために毎日サポートできるように配合してあります。

毛艶ケア

必須脂肪酸であるオメガー3サプリメント配合

体内で生成することができないことから食物から取り入れる必要があります。

不足すると毛艶を失う、バサバサした触り心地になるなど容姿の美しさを失いがちになります。

毛艶というとビタミンEを連想する、与えるといった対処が多いと思います。ビタミンEは脂溶性ビタミンです。ビタミンCなどとは違い過剰摂取は体内に蓄積され副作用もあります。必須脂肪酸であるオメガー3での対応は安心感があると感じました。

その他

サツマイモ

ビタミンBたっぷり

愛犬の腸活をしっかりサポート

サツマイモは、ビタミンBが豊富で食物せにを豊富に含んでいます。

食物せには、腸の活動を保全し活発な働きを助ける働きをします。

お腹の調子を整えることも期待しましょう!

 

プラチナドッグフード【ミシュワン】 まとめの感想

ミシュワン は、その方向性として「リスクの排除」と「プラスαの提供」を感じました。

「リスクの排除」とは、穀物に対するアレルギー反応や消化にかかる負担を考慮すると初めから含まない「グレインフリー」を選択しています。

「プラスαの提供」では、関節サポートや毛艶のサポートとしてサプリ成分などを最初から含めています。

もちろん主要成分は、人が安心して食べられる「ヒューアングレード」であることは当然として、愛犬にとって円滑に成長や健康の維持ができるように全体のバランスを考えた設計のドッグフードになっていると思います。

シンプルに60%を超えるタンパク質含有量は嬉しいです!

 

私はあまり全年齢型、オールステージのドッグフードが好きではありません。

理由は、全ての年齢に対して良いだろうこと、つまり足し算の連続は、決して「+(プラス)」にはならないと感じているからです。

しかし、プラチナドッグフード「ミシュラン」は、各年齢のマイナス点を解決することの連続で「全年齢型ドッグフード」を完成させているように思います。

 

こんな愛犬にはおすすめできません

念のために申し上げますが、「ミシュワン」というドッグフードが悪いのではありません。

あなたの愛犬が、もしも肝臓疾患や胆嚢の機能不全の可能性がある場合、タンパク質の含有成分が60%はいかがでしょうか?

タンパク質の分解には、肝臓の負担を招きます。

ミシュワンをはじめ、タンパク質の含有量の多いドッグフードへの切り替えは、事前にかかりつけ動物病院にご相談することをおすすめします。

 

ミシュワンは愛犬に負担のかからない配合成分の為、全年齢、全犬種に対応。

最新情報をチェックしよう!
愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ" width="842" height="595" >

愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ

別れた時の涙より「今」共に過ごすための努力のひと汗を流しましょう。 共に暮らす中には忙しくて先送りしたい愛犬のおねだりもあるでしょう。
ほんの少し歩み寄ることはあなたと愛犬とのつながりを一層強くし、思い出を色濃くするのではないでしょうか。
私は今一緒にいる愛犬たちと過ごす時間を人生の最優先に選びました。
ドッグライフ withキャンピングカー これからお楽しみに!! 
寒くてまだ旅してません。 今しばらくお待ちください。

CTR IMG