ドッグフードは特徴を添えてご案内      お散歩や運動管からドッグフードを考えるポータルサイト     あなたと一緒に愛犬を守りたい       オリジナル「しつけ」メソッドも公開中
ドッグフードの切り替え方vol.2

ドッグフードの切り替え方 Vol.2 トッピング(ふりかけ)編

新しいドッグフードの切り替え方 Vol.2  <急がば回れ!>

ふりかけ(トッピング)として慣れさせる

youtube動画で解説

ステップを解説

1、今まで与えていたドッグフードから10%を外します。

2、モグワンを外した10%と同程度用意します。

ドッグフードふりかけで切り替え上手1

3、用意した10%程度のモグワンをジプロックへ入れます。

ドッグフード10%をジプロックへ

4、ジプロックに入ったモグワン、タオルをかけた上で棒で叩いて砕き細かい粒子にします。

ジプロック入りドッグフードにタオルをかけて棒で叩き粒を小さくします

5、まるでふりかけのようになったモグワンの10%ドッグフードを元の90%のドッグフードに上からふりかけて愛犬にモグワンの匂いや味になれるように仕向けます。

ドッグフードふりかけで切り替え上手完成状態

ドッグフードから作ったふりかけの粒子の具合サンプル

細かく砕かれて「ふりかけ状」になった新しいドッグフードBを与えているドッグフードAの上にふりかけとしてのせた物を愛犬に食事として与えるようにします。

この状態まで細かく粉砕すれば、愛犬が仮に新しいドッグフードを避けたとしても、舌で舐めれば必ず新しいドッグフードAも口に入ります。数日は、口に入る全ての新しいドッグフードを吐き出したとしても、徐々に慣れて気にしなくなることでしょう。

三島の感想

Mishy

愛犬に無理させない対応を考えましょう!

今までのドライフードに、ふりかけで新しいドッグフードにも慣れてくれるパターンは一つの理想です。

この方法でドッグフードの切り替えができると、愛犬の口には歯垢が付着するリスクが極めて低いからです。

ただし、現実的には、一旦今までのドッグフードAを軽くであってもふやかした状態にして、表面をウェットにすることで「ふりかけ状ドッグフードB」がドッグフードAに絡みつき愛犬の口に入ることを繰り返します。

その結果、愛犬は新しいドッグフードBに慣れ親しんでいくことが圧倒的に多いです。

ドッグフードAをふやかすことで、日頃食べ慣れているドッグフードAの香りが強くなり、慣れていないドッグフードBの匂いを隠す作用があるからだと推理します。

 

関連した対応を下記のページにもご用意致しました。ぜひご活用ください!

関連記事

新しいドッグフードへの切り替え方 ドッグフードを変更するタイミングは? ドッグフードの変更は愛犬の 年齢 病気(予防含む) 体調の変化 お産時期 食欲不振 などから必要性が高まります。 ドッグフ[…]

ドッグフードの切り替え方vol.1
関連記事

新しいドッグフードへの切り替え方 Vol.3 【その他の対応】 今まで与えていたドッグフードから新しいドッグフードへ切り替える方法としては、事前に「基本編」と「ふりかけ編」をアップしていますが、他にもいくつか対応はございます。 そ[…]

ドッグフードの切り替え方vol.3
ドッグフードの切り替え方vol.2
最新情報をチェックしよう!
愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ" width="842" height="595" >

愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ

別れた時の涙より「今」共に過ごすための努力のひと汗を流しましょう。 共に暮らす中には忙しくて先送りしたい愛犬のおねだりもあるでしょう。
ほんの少し歩み寄ることはあなたと愛犬とのつながりを一層強くし、思い出を色濃くするのではないでしょうか。
私は今一緒にいる愛犬たちと過ごす時間を人生の最優先に選びました。
ドッグライフ withキャンピングカー これからお楽しみに!! 
寒くてまだ旅してません。 今しばらくお待ちください。

CTR IMG