ドッグフードは特徴を添えてご案内      お散歩や運動管からドッグフードを考えるポータルサイト     あなたと一緒に愛犬を守りたい       オリジナル「しつけ」メソッドも公開中

【どこが”プレミアム”?】カナガンフードの3つの特徴と長所を大解説!

プレミアム・ドッグフードのカナガンイメージ

【どこが”プレミアム”?】カナガンフードの3つの特徴と長所を大解説!


アンケートの結果、獣医師の97%、114名推奨
多くの獣医師から高い評価を得ています!
91%の獣医師が嗜好性が高いと回答!
98%の獣医師が高品質の原材料を評価すると回答!
92%の獣医師が子犬・小型犬でも食べやすい粒と回答!

カナガンの3つの特徴を徹底解説!

 

これからご紹介する原材料の質が「人が安心して食べられる水準」=「ヒューマングレード」と呼ばれ、カナガンが<プレミアム>と呼ばれる理由です。

1、高タンパクで動物性タンパク質50%以上

 

チキン
サーモンサーモン

 

ストレスをかけずに育てる放し飼いチキン使用

 

カナガンドッグフードは、新鮮なチキン生肉生サーモンをふんだんに使います。その結果チキンだけでも「動物性タンパク質含有量50%以上」を達成しています。

2、グレインフリー(穀物不使用)

トウモロコシイラストトウモロコシ
小麦イラスト小麦

 

カナガンドッグフードには、トウモロコシ小麦といった穀類を一切使用していません。疑いないグレインフリーのドッグフードです。
代わりに上質な食物繊維源であるさつまいもやエンドウ豆を配合
サツマイモサツマイモ
えんどう豆エンドウ豆

 

3、着色料、香料不使用

 

カナガンは「愛犬への手作りレシピ」がコンセプトの始まりです。そのため「手作り」に入れないものは絶対に入れない考えです。できる限り自然に近い食材だけを厳選して使うことに拘っています。当然のことですが、着色料は一才使用していません

 

 

カナガンの3つの長所を徹底解説!

1、自然の食べ物から補助栄養素を補完!

 

食物繊維が豊富で、ガングリオシドが含まれる食品でもあるサツマイモ、クロロゲン酸が含まれるジャガイモや、フコキサンチン、フコダイン、アルギン酸、あるいは身体に必要なヨウ素が含まれる海藻類などがあります。

マリーゴールドやクランベリー、セイヨウハッカなど、ハーブが多く含まれているのも特徴です。中でも、リフレッシュ効果のあるカモミール、食事を助けるコロハが含まれており、身体環境を整える効果が期待できますね。*カナガン公式HPより抜粋

 

 

イメージ 解説
リンゴ リンゴ

元気をサポートするクエン酸やリンゴ酸、加齢を予防すると言われているポリフェノールが豊富に含まれています。

カボチャ

食物繊維がたっぷりで体内から身体環境をサポートする効果が期待されます。

海藻 海藻

オメガ3脂肪酸を豊富に含み美しいコンデイションを保ちます。

ココナッツオイル

吸収分解が早い中鎖脂肪酸を含有していて、素早くエネルギーに変わります。ラウリン酸によるリフレッシュ作用にも期待できます。


最近注目が集まっているオメガ3脂肪酸。実は、オメガ3脂肪酸は犬の体内で合成できない必須脂肪酸のひとつです。オメガ3脂肪酸にはα-リノレン酸などが含まれますが、α-リノレン酸はEPAやDHAに変換され、健康維持効果をもたらします。『カナガン』にも含まれているサーモンオイルには、EPAやDHAが豊富です。*カナガン・ドッグフード公式HP内より抜粋

2、欧州トップレベルなクリーンな工場

 

欧州ペットフード工業会連合(FFDIAF)の厳しい基準をクリアした安心の施設でドッグフードを生産!

 

 

世界のペットを牽引したイギリスの中でも特に高い評価と信頼を集めるペットフードの専門工場です。

 

生産ラインは常にモニタリングされ、専門の品質管理官が最新の設備を駆使しチェックします。

 

原材料は、供給元から届けられた時点で即時に品質テストを受けます。

この第一段階のテストを合格した原材料だけが、ドッグフードの原材料として使用されます。

 

出来上がったドッグフードは、パッキング前に専用の機械でスペクトラム分析にかけられ、登録されている品質データと差異がないか確認されます。

 

パッキングまで完了したドッグフードの袋には、製造番号が記載され、生産日はもちろん、それぞれの原材料の詳細まで追跡できるようになっています!

3、最高レベルの品質管理

イギリスから国内に輸入された際に再び専門スタッフによる品質チェックを行います!

 

カナガンの製造・発売元であるレティシアンでは、国内に入荷した全てのドッグフードのロットに対して、毎回社内専門スタッフが品質チェックを行っています。

 

粒の色の濃淡はもちろん小さな変化も見逃しません。しっかりと生産者と確認を取った上で購入者が安心して愛犬に与えられるように商品を管理しています。

 

カナガンの3つの不安要素を徹底解説!

 

1、犬の先祖は「雑食性」説あり

 

近年は、犬は肉食性ではなく、雑食性として穀物類も食べて生きてきたと考えられるようになりました。

 

事実、穀物によっては、体調を安定させる働きをするものもあり、全てを除外する「グレインフリー」には賛否が分かれることになっています。

 


 

2、オールエイジ(全年齢対応)への疑問

 

オールエイジ(全年齢対応型)ドッグフードって本当に子犬にも老犬にも良いのかしら?

 

こちらは、個人的な見解になります。

犬種が違い、血統も違い、日常のお散歩など運動量も違った状況で犬たちは暮らしています。

全ての犬種、全ての年齢になんの問題もなく適応します、とは言えるドッグフードは無いと思います。

しかし、明らかに問題になる要素も無いのがカナガンであると理解されることが望ましいでしょう。

これは、子犬の時はカナガンが合わなかったけれど、6歳くらいで再び試しに与えたら、とっても良い結果になる可能性も意味しています。

全ての年齢の愛犬が一度は試すことができるドッグフードがカナガンなんだ、とお考えになるのが良いでしょう。

 


 

3、サポートスタッフの専門性に疑問符

 

サポートスタッフを「犬の専門家」には考えないことでしょう。

 

厳しい物言いをします。

専門知識を持つスタッフがサポート」と公式ページのインフォメーションにはサポートデスクを表現しています。

 

これは「カナガン」や「レティシアンの取扱商品に対する専門家」と見るべきでしょう。

 

動物看護大学や専門学校、関連資格を取得したくらいで「お金がもらえる知識と経験」を備えている人はいません。

ペットショップに行けば、ほぼゼロから覚えてもらうレベルです。

そこに多くを望むことは、経験上無謀です。

カナガンという商品のあなたが知りたいことの「数字」など誰が担当してもズレない答えがもらえるように質問の仕方を調整してから問い合わせることをおすすめします。

 

カナガンの3つの特徴と長所を大解説! まとめの3つの感想

 

1、「食べが良い」と過度に期待しないこと

 

「食べが良い」というネットや周辺の噂を耳にしてカナガンを試してみよう!という愛犬家も多いと思います。

それ自体は間違っていません。

しかし、人の色の好みが千差万別のように犬の味覚も犬それぞれです。

ご友人の愛犬が食べなかったけれど、あなたの愛犬はガツガツ食べることもありますし、その逆も然りです。

アンケートからもわかるように「食べが良い」確率について、カナガンは明らかに高いと思いますので試す価値は大いにあると言えるのです。

 

2、愛犬の便が硬くなる傾向です

 

一般的には、愛犬の便が硬くなることは良いことだと思います。

腸の働きも良く、しっかりと水分を腸が吸収できている証でもあります。

そうなるのは消化がとても良くできていると推測できるからです。

しかし、老犬やダックスフンドなどの脊椎のヘルニアが疑われる愛犬の場合は違ってきます。

背中を丸めて力んで排便します。

便が硬いとなかなか出てくれません。

長時間の排便の力みは脊椎の閉塞にも良くはありません。

愛犬へカナガンを与えて、便が硬すぎるようならば割合を考えて他のドッグフードを混ぜるなど調整されることをおすすめします。

 

3、余ったり、他の種類への変更について

 

  • 定期購入して、もし余ってきたらどうしたらいいんだろう?
  • 違う種類も試したくなったら?

 

カナガンは、サポートデスクへのご連絡によりお気軽にカナガンの次回発送を「停止(お休み)」することができます。

また、カナガンからモグワンやピッコロなどの他の商品へ変更したくなった際にもお電話やメールで簡単に変更できます。

 

4、アレルギーに悩む愛犬に試しやすい原料(素材)です!

 

カナガンの原材料は明確です。

愛犬がアレルギーでどんな食事を与えれば良いのか困っている場合、カナガンは成分がはっきりしているのでテストしやすいですね。

カナガンの原料にあなたの愛犬のアレルゲンが含まれていなければカナガンのあなたの愛犬に対するアレルギーへの安全性は高いといえます。

 

プレミアム・ドッグフード【カナガン】まとめ

 

カナガンドッグフードは、現在までに85万人のペットオーナーに購入された実績があるそうです。

 

公式サイトに掲載されている利用者の声には

 

時々ご飯が切れてしまい、別のフードをあげることがあるのですが、カナガンからご飯が変わると全く食べてくれません!

 

アレルギーの可能性もあって
カナガンに変えました。

キレイとよく褒められます!
食いつきもよく、いつも完食です。

 

など確実に愛犬家の暮らしに貢献している声が届いています。

 

ペットショップなどの「専門店」を介さないことで、色々と良くも悪くも過剰にネットで言われる傾向にはあります。

 

それは同時に、流通にかかるコストや日数を減らし、少しでも新鮮に、ドッグフードが手元に届く工夫であるともいえます。

 

愛犬の生命も昔とは大きく変わり15年くらい普通に生きるようになりました。

 

大量の繁殖により先天的な以上など体調にトラブルを抱えるワンちゃんも決して少なくありません。

 

それは、愛犬の生涯に何回かドッグフードを切り替える必要性を意味します。

 

その「切り替えの時期」にカナガンも次のドッグフードとして候補にあげることをおすすめできると今回の結果を考慮してお伝えします。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ" width="842" height="595" >

愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ

別れた時の涙より「今」共に過ごすための努力のひと汗を流しましょう。 共に暮らす中には忙しくて先送りしたい愛犬のおねだりもあるでしょう。
ほんの少し歩み寄ることはあなたと愛犬とのつながりを一層強くし、思い出を色濃くするのではないでしょうか。
私は今一緒にいる愛犬たちと過ごす時間を人生の最優先に選びました。
ドッグライフ withキャンピングカー これからお楽しみに!! 
寒くてまだ旅してません。 今しばらくお待ちください。

CTR IMG