ドッグフードは特徴を添えてご案内      お散歩や運動管からドッグフードを考えるポータルサイト     あなたと一緒に愛犬を守りたい       オリジナル「しつけ」メソッドも公開中

アランズ ナチュラルドッグフード ラムのアレルギー犬へ3つのおすすめ

愛犬がアレルギーで苦しむ姿を目にするのは、本当に辛いです。少しでも改善できるようにアランズ ナチュラルドッグフード ラムをおすすめします。

アレルギー対策は、正直絶対が無いし、いつ発症するのかわからない点も多いです。

だからこそ、使用されている素材成分が明確であるとか、食品クオリティーの硬さが保証されているのは重要です。

アランズ ナチュラルドッグフード ラムだとどうして予防に役立てるのか。

どうしても補いきれないアレルギーリスクなど含めて解説します。

 

 

アランズ・ナチュラルドッグフード ラムの口コミ記事へ

 

 

<アランズ ナチュラルドッグフード ラム>をアレルギー犬へおすすめする3つの理由を徹底解説!

 

そもそもですが、アレルギーとは?

 

アレルギーがなぜ問題なのかは、体に取り入れるタンパク質に対して体が拒否反応を起こすことです。肉類はもちろん小麦や大豆にも「植物性タンパク質」があるのでアレルギー症状は発症します。

花粉症がわかりやすい例ですね。スギ花粉症は、杉の花粉に含まれるタンパク質が私たち人の体内に鼻の「鼻腔粘膜」や目の粘膜を介して侵入することから発症するアレルギーです。

 

簡単に書くと、

 

アレルギーとは、動物や植物の持つ「タンパク質」が、体内に取り込まれた際に体が「異物」として受け入れを「拒絶する」反応です。
 
タンパク質を含んだ対象ならば、全てにアレルギー反応が生じるリスクがあります。
 
花粉症も花粉に含まれるスギやヒノキのタンパク質に対する拒絶反応です。
 
ダストアレルギーは、死んだダニの死骸を吸い込んだ際に起きるアレルギー症状を誘発しています。

 

よって、改善策であり対応策は、

 

  • 異物と判断し、体が拒絶する「反応」を薬物で抑制する
  • 体が拒絶しないタンパク質を摂取する

 

このどちらかになります。

 

1、アレルギーの原因物質を極力排除

 

アレルギー反応を起こしやすいと言われている牛肉・豚肉・穀物・乳製品を使用していません。

 

なぜ、アレルギー反応を起こしやすいかというと、牛や豚などは「家畜」として抗生物質など人の手が多く加わっていること。また、長期間にわたり食材として食べ続けた結果、体内に抗体が作られて排除しようとする機能が過剰反応すると言われています。

 

あえて「シンプル配合」でアレルギーリスクの軽減を狙っています。

2、香料・着色料を不使用

 

少しでも愛犬の体に不必要な成分は一切排除するようにしています。

 

あくまでも自然なラム肉の香りであり、味わいを大切にしています。

 

3、原材料はたったの9種類のみ

 

食材 イメージ 効果・効能
ラム肉 カルニチン、不飽和脂肪酸、ビタミンA群・B群、鉄分
サツマイモ

食物繊維

ビタミン類補給

レンズ豆

そら豆

ひよこ豆

タンパク質

ミネラル類補給

カリウム

野菜 ビタミン/ミネラル補給
亜麻仁(油)

オメガ3系必須脂肪酸

αリノレン酸

リグナン

食物繊維

エンドウ豆 食物繊維
ビール酵母

アミノ酸

ビタミンB群

ミネラル

 

 

 

 

また、使用される原材料、食材は全てヒューマングレードと言って人が食べることを前提とした基準をもとに選別されているものばかりです。

 

 

アランズ・ナチュラルドッグフード ラムの口コミ記事へ

 

 

 

アランズ ナチュラルドッグフード ラムのアレルギーへの3つの心配事を徹底解説!

 

1、ラム肉へのアレルギー反応は年々増えている

 

羊の肉であるラムを主原料としたドッグフードは、アレルギー対策用として30数年前に発売が開始されています。

 

当然、当時は画期的でした。

しかし、お伝えしたように30数年が経過しています。

 

30数年という年月は、10年で3世代くらいは子孫が誕生する犬にとっては途方もない年月です。

 

この10〜15年でラム肉でもアレルギーを起こす愛犬は確実に増えていると思っています。

 

経験では、先代犬をアレルギーで苦しんだからと子犬の時からラムのドッグフードを与えている飼い主がいました。

ちょうどトレーニングを担当していた2歳くらいの時に大きく異変を感じ、検査を進めたイタグレちゃん。

はっきりした結果が出ないまま、どんどんやつれていきました。

何種類も食材を変えて、やっぱりダメを繰り返していらっしゃいました。

 

「もうアレルギーの心配より何か食べてくれないと命が危ない」と飼い主が牛肉を主原料にしたドッグフードを与えました。

 

すると・・・よく食べた上にアレルギーが起きませんでした。

 

そうなんです。

牛はアレルギーが起きると頭から決めつけ、一度も与えたことがありませんでした。

しかし、そのイタグレちゃんは、ラムにはアレルギーを発症し、チキンや数種類のタンパク質がダメだったのですが、牛は問題なかったのでした。

 

愛犬個々により、反応するアレルゲンは違います。

 

面倒なことに、例に出したイタグレちゃんも数年後はわからないのです。

3年後にやっぱり牛肉はダメで、ラム肉なら大丈夫になるかもしれません。

 

「これを与えているから大丈夫!」と言った過信は禁物です。

 

2、ビール酵母は安全?

 

30年くらい前は「ビール酵母さまさま」でした。

 

自然は治療として癌の対処薬としてビタビンCの集中投与と並ぶくらい期待された時期もありました。

 

しかし、20年程度会えだったでしょうか。

記憶になってしまうのですが、アメリカのアレルギー源の2位がビール酵母だったのではないでしょうか。

 

そんなこともあり、万能性の巨塔が崩れ次第に聞く機会が減っていった成分でもあるのが「ビール酵母」です。

 

間違い無いかと言われると、、、、

記憶にあったので記載することにしました。

 

3、豆類だから安全?

 

【アランズ ナチュラルドッグフード ラム】に使用されているレンズ豆・そら豆・ひよこ豆・エンドウ豆だからアレルギーにはならない、訳が無いです。

 

豆類にも「植物性タンパク質」と言って、立派に「タンパク質」が含まれています。

そうである以上、アレルギー反応を発症するリスクは少なからずあることを忘れないでください。

 

あくまでも「アレルギーリスクの抑制であり、軽減」を目指して開発されています。

 

 

アランズ・ナチュラルドッグフード ラムの口コミ記事へ

 

 

 

アランズ ナチュラルドッグフード ラムのアレルギーの愛犬への3つのおすすめ まとめ

 

ここまで読まれた愛犬家ならばすでに十分なご理解がアレルギーに対してお持ちだと思います。

 

アレルギーは、いつ、何に対して、どのくらいの症状で表面化するのかわからない点が多いです。

 

アレルギーのリスクをご愛犬がお持ちと感じたら

 

  1. 愛犬に対象物を覗かせてみる
  2. 対象物を嗅がせてみる
  3. 対象物を味見させてみる
  4. 上記3つを行った後の数時間後に腹部など柔らかい部分に赤みがないか、痒がる仕草がないかを確認する。
  5. 排泄される便が緩くならないかチェック

 

「覗いく」ことで愛犬の目の粘膜にアレルゲンが付着すると、目の粘膜からアレルゲンが吸収されて目の縁が赤く腫れたりします。

また、「嗅ぐ」ことでアレルゲンが鼻周辺の粘膜から吸収されて、唇など柔らかい部分が赤らんだり、腹部や身体中の皮膚が赤らんだりします。

 

「食べる」ことで、アレルゲンが体に入ると、涙が多くなったり、唇などの柔らかい部分が腫れぼったくなったり、全身に赤みが発症します。

 

アレルゲンが体内に入ると、腸も正しい水分の吸収など正常機能が低下するので軟便や下痢になりやすくなります。

 

アレルギー反応でびっくりしたケースとしては、初冬にネットの書き込みでも目にすることが多いです。

 

理由は、仕舞っていた厚物の衣類であったり、掛け物を出して掃除機や干して埃を排除する前に愛犬が乗っかり寝てしまったりすると発症します。

 

ハウスダストや死んだダニの死骸が引き出した衣類や掛物に大量に付着していたのです。

 

上で眠ったことで目の粘膜や呼吸により体内に取り込まれてしまったのです。

目や口周りはたらこのように腫れて、皮膚も全身赤みを帯びてしまいます。

 

アレルギーへの対応に絶対はありません。

どこで発症するのか。

 

だからこそ、確実に潰せるポイントは潰して、より良い管理であり、愛犬の日常の安全を守りやすく工夫します。

 

そんな点から見ると【アランズ ナチュラルドッグフード ラム】は試すべき価値があるドッグフードだと思いおすすめしたいと思います。

 

 

関連記事

ネットで人気のドッグフード<モグワン>の姉妹ブランド【アランズ・ナチュラルドッグフード ラム】の口コミ評判をご紹介します。 実際に調べてみると、良い口コミ~悪い評判までありました。 ここではあくまでも中立的な立場で嘘なく真実を伝えていけ[…]

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ" width="842" height="595" >

愛犬との暮らしをもっと豊かな時間へ

別れた時の涙より「今」共に過ごすための努力のひと汗を流しましょう。 共に暮らす中には忙しくて先送りしたい愛犬のおねだりもあるでしょう。
ほんの少し歩み寄ることはあなたと愛犬とのつながりを一層強くし、思い出を色濃くするのではないでしょうか。
私は今一緒にいる愛犬たちと過ごす時間を人生の最優先に選びました。
ドッグライフ withキャンピングカー これからお楽しみに!! 
寒くてまだ旅してません。 今しばらくお待ちください。

CTR IMG